友達の中ではフェイスブックに登録したのが早い方でした。
最初は海外の友達から招待されたのが始まりで、フェイスブックは英語のサイトというイメージが強く、とりあえず登録はしたものの、使い方もわからない状態で放置していたのです。

 

そのフェイスブックが日本語で使えると知ったのは、それからかなり時間が経ってからのことでした。
同窓会を開催するとの知らせが届いたのですが、フェイスブックで連絡を取り合うというのです。
仕方がなく、フェイスブックとちょっと向き合ってみることに。

 

簡単に日本語表記になりました。

 

そして、フェイスブックにはまり始めたのです。
どんどん友達が増えます。
小学校の同級生、中学の同級生、高校、大学まで。
そして更に趣味の友達まで。

 

フェイスブックって凄いですね。
「もしかして、フェイスブックってセフレの作り方として一番簡単なんじゃない?」
という短絡的な考えは甘かったようです。

 

同級生の中でも美人は沢山います。
私のフェイスブックの友達一覧を見ると、昔好きだった子も…
でも、そういうのとセフレってちょっと違うと思いませんか?

 

そりゃ、昔好きだったあの子とセフレになれたら最高ですが、それはそれでめんどくさい話です。
個人的な見解で申し訳ないですが…
セフレの関係としての出会いと考えたとき、同級生というのはあり得ません。
それに、フェイスブックで知り合う人っていうのは基本的に繋がりがあるわけなので、セフレという関係がどこかで情報漏えいしたら大変なことになります。
それこそ、ブログ炎上どころの話ではありません。
家庭崩壊です。

 

要するに、フェイスブックはセフレとの出会いには全く不向きであると判断します。

 

ツイッターも然り。
ツイッターは全く知らない人と繋がることが多いようですが…
相手のことを信頼できませんよね。
そこが大きな問題だと思います。
つまり、ツイッターも駄目ですね。

 

定番サイト登録無料
セフレサイトBEST5
セフレを希望する女の子を見つけるなら