セフレ希望の女性でも、「最初はサポでお願いします」という女性が多いようです。
サポというのは援助交際と同義語ですが、やはり女性としては相手のことがわからないというのは非常に怖いのです。
男性と違い、大きなリスクを背負っている感じがします。
ですから、「最初はサポで」というのも頷けます。

 

実は私も今のセフレと最初に会ったのは「お小遣いあり」だったのです。
自分の少ないお小遣いをやりくりして、彼女にお小遣いをあげました。
こんなにして失敗したらどうしよう…とは思いませんでしたが、今考えるとよく頑張ったと自分を褒めてやりたいです。

 

つまり、私もセフレ候補の彼女と最初に会う時はただの援助交際で、彼女のメールには
「最初はサポでお願いします。相性が良ければそのままセフレに…」
と書かれていました。
相性は実際に会ってみないとわかりませんが、なんとなくメールのやりとりをしている内に確信が得られるようになりました。

 

サイト内のメールは5通程度だったと思います。
思い切って直メをお願いしました。
こちらからメールアドレスを書いて、
「もしよかったらこちらのアドレスにメールください」
と送ったところ、すぐに直メが届きました。

 

中には直メを嫌う女性も居るようですが、その場合はフリーのアドレスでも良いと伝えると少しだけ反応は良いらしいです。
私の場合は必要がなかったので、その辺りのことはよくわかりませんが。

 

実際に彼女と会ってみて、ホテルに行きました。
とっても明るく、自分のことをよく話してくれました。
私はどちらかと言うと聞き役に徹する方が得意なので、丁度良かったです。

 

彼女と一緒に居る時間はとても楽しい時間でした。
一緒にお風呂にも入り、一緒にベッドに入り、楽しく過ごすことができました。

 

そして、帰り際にはまた会う約束をして別れました。

 

援助交際だと思って敬遠してしまう気持ちもわかりますが、思い切って一歩踏み出すことがセフレの作り方の近道だと思います。

 

定番サイト登録無料
セフレサイトBEST5
セフレを希望する女の子を見つけるなら